S1復活FT

アクセスカウンタ

zoom RSS 布陣T <AF-Ce型>(南下型)

<<   作成日時 : 2008/12/09 15:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

以前書きかけてた、勝手に定石シリーズ第一弾です(`・ω・´)
いろいろ考え中の部分もありますが、たたき台ということで、書けたところまでUPしておきます。

ミッション戦争は陣取り合戦なので、勝ちやすい布陣のスタイルがいくつか存在します。
それぞれのタイプで、メリット・デメリットも出てきます。

タイプ分けは試作なので、再考の余地ありという前提でお願いします(・Θ・;)
スコア計算は、一応戦力が拮抗している前提で半々くらいになるように調整してみました。

もちろん定石どおりに駒を進めないことも、敵の予測を裏切る意味で効果的なことがあります。
その場合も、長所短所を意識しつつ、弱点となる場所をあらかじめ予測しておけるといいと思いまっす。


<AF-Ce型>

中央重視の布陣のうち、防衛型のタイプその1です。
オーソドックスな布陣のひとつだと思います。


メリット:

・AFが落とされにくい
・中央中拠点が孤立しにくい
・自拠点を通過しないと本陣に到達されないため、本陣が比較的安全

デメリット:

・OF・CHQは攻めにくいので相手にも挽回のチャンスが十分ある

向いている戦力:

人数−大人数
レベル(火力)−低〜中

画像

P=22,200
C=18,700


初動にAFを確保し、そこを基点に多数で中央に進行します。
同じ布陣をした場合、Ceを確保した側が有利となります。
E2E3があることでW10が落とされにくくなり、W10があることでAFが落とされにくくなります。
Ceを確保していれば、それなりの安定度で大拠点2個を維持してスコア勝ちすることができます。


〔N方面のポイント〕

AFへの迅速な復活建設と、W10の安定が鍵となると思います。
W10とAFの2方向から、N11の小拠点内に敵を押し込める戦いになると思います。
そのため、AFの2時方面(N11側)にも前線復活FTが欲しいところです。

また、N12の敵復活を建てさせなければ、非常に有利な展開になります。

きちんとN11がふさげていれば、カペラ側がAFやW10に特攻をかけるのは非常に難しいですが、こちらの隙をついて突破されてしまうこともあります。
W10に建設されてしまうと、N側も中央も両方揺さぶられることになって大きな脅威です。
W10→AFの順で強行突破をかけられると、N方面PTはAF維持でいっぱいいっぱいになって、W10建設阻止まで手が回らなくなりがち。
中央から応援に行くとしたら、E2→W10で復活建設者を倒したり、さらにW10再確保・建設できると大きいと思います。

盲点となりやすいのは、W9が敵拠点になるので、W9→AFの奇襲です><
特に、CHQ近くまで味方が進軍してしまうと、この奇襲に目が届かなくなりがちなので要注意。
裏側の復活FTやワープFTが折られたり、最悪1-2PT程度の少数の敵にガーディアンが落とされてしまうこともあります。

この作戦でAFは決して落としたくないですが、万が一奇襲で落とされてしまったら・・・。
W10の復活が維持できていれば、AF再確保の見込みはあると思います。
中央から援軍を呼びすぎると、AF建て直しの間に中央がボロボロになってしまうことがあるので、あくまで中央拠点維持を最優先にしつつ。
AFへの敵の進行ルートを塞ぎながら建設妨害し、隙を見て取り返せれば嬉しい(`・ω・´)


〔C方面のポイント〕

主戦場は中央、特にCeをめぐる奪い合いになると思います。
Ceを先取すると、大拠点に特攻してきた敵を個別撃破しやすいため、非常に守りやすいうえ、敵軍破壊スコアが稼ぎやすくなります。

維持すれば勝てますが、不足の事態に備えてできるだけ差をつけておきたいもの。

攻めかたとしては、
1.カペラW9→←プロキCeの正面衝突で、W9を力ずくで取る。
  戦力に自信があるときは、思い切って攻めていくのも効果的だと思います。
2.カペラW9→プロキCeに敵が集中しているのを見計らって、手薄なW8を一気に攻める。
  W8が落ちてしまうと、W9は孤立します。
  当然W8の再建を企ててくると思いますが、そうすると今度はW9に隙が生まれます。

W8/W9を落としてしまえば、あとはOF小道を警戒しつつ一気にE4を落とし、圧勝が見えてきます。

守り方としては、Ce防衛を最優先にしつつ、E2・E3にも常に目を配る必要があります。
危険なのはE2/E3の拠点または復活が同時に落とされること。
Ceが文字通り孤立し、むき出しの復活FTが壊されて中央に復活がなくなる事態にもなりかねません。
そしてCeも維持できなくなると、前線は大きくW10まで後退し、AFまで危機にさらされてきてしまいます。。

Ceがもし落とされてしまっても、E2・E3が残っていれば、まだまだ挽回のチャンスはあると思います。
特にCe先取していた場合、落とされてもスコア上はプラマイ0なので、焦らず堅実に中拠点を維持してラストスパートに備えるのもいいと思います。


〔S方面のポイント〕

この布陣の場合、S方面は少数でPHQに向かってくる敵の防波堤になる役割だと思います。
S6・S7で防衛するのが基本となりますが、もしもS7まで突破されてしまったら、、
S7の敵復活建設だけは何としても阻止したいです。
S7のガーディアンは、PHQ側からだと非常にリポップしやすいので、S7に敵復活が建つと再確保がきつくなり、本陣も危機にさらされます。

余裕があれば、初動OFの復活建設を阻止できると、カペラの最初の足場がなくなって遅れを取らせることができ有利です。

また、N側からの中央進行がもし失敗していたら、E4を積極的に狙っていくことでチャンスに繋がると思います。

OF攻めは難しい布陣ですが、E3→OFの奇襲に合わせて、S6→E4への特攻をかけると、S側を切り崩せるチャンスがあるかもしれません。


〔本陣のポイント〕

AFが味方拠点なので、AFに見張りがいれば本陣に来るネズミは把握しやすいと思います。
S方面は突破されにくい地形なので、そちらが安定していれば比較的安全でしょうか。
SラインがS7まで押されて敵復活が建つと、大ゲートまで開かれて危機に晒されるかもしれません。
特にS側から本陣攻めの場合は敵も大戦力を投入してくることが多いので、本陣−S7が主戦場になるとかなりの膠着戦になりがちです。

中央→E4に切り込めると、PHQを攻めている敵の背後を危険にさらして孤立させることができるので、正面衝突より効果的かもしれないと妄想。
何より、PHQを取られてしまってもW9/W8/E4が取れてしまえば、こちらが差し引きプラスになります。

本陣はどうしても死守したくなる場所ですが、状況によっては見切りをつけて攻めていくのも大事かと、最近ひしひしと感じています(´・ω・)



アレンジ:<AF/E4-Ce型>

画像

P=22,200
C=18,700


上のパターンに対して、S側からつなげて中央拠点を確保した形です。

OFが攻めやすいので、OFに揺さぶりをかけつつ中央に攻めることができます。
類似:<E4-W10型>

逆にAFは孤立して、落とされやすくなってしまいます・・・。
先にOFを確保することができたなら、もしAFが落とされてしまっても、<OF-Ce型>に切り替えて安定した攻防をすることができるので、途中切り替えもありですかね〜。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
布陣T <AF-Ce型>(南下型) S1復活FT/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる